【検証】WIDEXのCOM-DEXは2台のbluetooth機器を接続できるか?

こんにちは、立川補聴器センターです。

本日は久しぶりにWIDEXの小ネタをご紹介いたします。ワイデックスよりCOM-DEX(コムデックス)という補聴器とbluetooth機器を接続する機器があるのをご存知でしょうか。様々なbluetooth機器と補聴器を接続し、スマホ・タブレット・PC・TVの音声を補聴器にお届けする便利な機器です。

COM-DEXは出荷時期によりペアリングできる台数が異なります

COM-DEXは出荷時期によりファームウエアのバージョンが異なります。ファームウエアのアップデートを行うとbluetooth機器が2台接続できるようになります。最新バージョンは、1.3です。

iPhoneとiPad 2台をCOM-DEXに接続してみた

特に問題なくペアリングできました。iPadでyoutubeを見ていてiPhoneから電話を発信すると電話が優先されて通話が可能でした。(通話に関しては後述致します)

iPhoneとbluetooth送信機を接続してみた

今度は検証のため、iPhone7とサンワサプライのBluetoothオーディオレシーバー&トランスミッター400-BTAD002を接続しテレビとスマホの音声をCOM-DEXに送信してみます。

色々試しましたが、400-BATD002を先にペアリングし後からiPhoneをペアリングすると400-BATD002を認識しやすかったです。現在テレビの音声を聞きながらiPhoneで電話を受けて検証しています。テレビの音声はしっかり入ってきます。

COM-DEXとbouetooth機器のペアリング方法

COM-DEXはネックループのケーブルを外すことで電源オン、オフができるようになっております。2台のbluetooth機器がペアリングされていない状態ですとネックループを外し、再度接続すると横のランプが青くピカピカします。このピカピカ中にペアリングするbluetooth機器をペアリングモードにすることでペアリングが完了します。

ネックループのつなぎ目を外します

本体下のランプが青くピカピカしたらペアリングモード中です

スマホの通話音声に難あり??

MEMO
現在検証していますが、スマホから電話を発信した時、音声が若干悪いです。原因が2つのbluetooth機器接続なのか、テレビに接続している機器の問題か特定できておりません。
注意
bluetooth機器の切り替えがやや不安定 テレビを見ていてスマホに電話がかかってきて切電後、再度テレビに接続にいく動作が不安定です。テレビ側に復帰させる際、ネックループ部分んで電源のオンオフが必要な可能性があります。(ワイデックスに電話で確認しましたがはっきりした回答は得られませんでした)

まとめ

こちらの検証はCOM-DEXをご使用中のお客様より質問があり実施致しました。WIDEXの公式な回答では2台のbluetooth機器の同時待機はできないとの回答です(しかし出来ました、不安定ながら)もう少し安定して2台のbluetooth機器が使用出来ればすごく良い機器だと思います。フォナックやシグニアにも同様の機器がありますが、若干重量があり重いのが難点です。(肩がこります)

初期型のCOM-DEXをお持ちの方は販売店様でファームウエアのアップデートを行っていただきペアリングをお願いいたします。本日はワイデックスの小ネタでした。ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です