042-527-8555

Made For iPhone補聴器

made for iPhone対応補聴器とは、iPhoneと補聴器がアダプターなどを使わず直接無線でつながり補聴器の音量調整や音質調整ができる機能です。現在主要なメーカーからは1~2器種ラインナップされており、今後もますます補聴器が様々なデバイスと接続し便利に使えるようになってくると思います。ここでは、iPhone対応補聴器を各メーカーごとにまとめてご紹介していきます。

iPhone対応補聴器で「出来ること」

  • iPhoneの音声が補聴器に無線で入ってきます
  • iPhoneで補聴器の設定変更、音量調整ができます
  • 販売店が補聴器を遠隔で調整することもできます

補聴器の紹介の前に用語をご説明いたします

made for iPhone対応補聴器はiPhone/iPadに搭載されいるiOSに組み込まれている機能です。iOS上ではmade for iPhone対応補聴器と呼ばず別な呼び方をしています。一部わかりにくい言葉もあると思いますので今一度ここで用語のご説明をいたします。

 

MFIヒアリングデバイス

iPhone上ではmade for iPhone対応補聴器のことをMFIヒアリングデバイスと表記しています。以後こちらでも対応補聴器をMFIヒアリングデバイス(MFI対応補聴器)と記載してご紹介いたします。

ホーム>設定>アクセシビリティ>ヒアリングデバイスの順にタップするとiPhoneと補聴器の接続設定が行えます。

参考 「Made for iPhone」補聴器を使うApple公式ページ

 

MFA

MFI(made for iPhoneの略)ではなく、「MFA」(made for All)です。これは補聴器メーカー「フォナック」が提唱するスマホと補聴器の接続フォーマットの名称です。フォナック補聴器の「オーデオ マーベル」は「MFA」を搭載しiPhone/iPad/AndroidOSのスマホと接続が可能です。

参考 ダイレクト通信フォナック補聴器(ソノヴァジャパン株式会社)

 

ストリーミング
iPhoneから出る音声を補聴器にbluetoothで送り補聴器から直接音声を聞くことを表しています。音楽、電話、動画音声、LINEの音声など様々な音声をお楽しみいただけます。

 

ペアリング
iPhone/iPadと補聴器をbluetoothで接続することです。MFIヒアリングデバイス(補聴器)とiOSは専用のbluetoothで接続されます。bluetoothを搭載したスマホ(アンドロイド)やPCとは接続できない仕組みになっています。

 

「プログラム」又は「メモリー」
一般的に補聴器の調整は、補聴器内部に3~7種類入れることができそれを切り替えて使用できる仕組みなっています。例えば、1番は普段使用、2番は会議用、3番は静かにしたい時などです。この調整を追加することを「プログラムを追加」「プログラムを作成」などと呼んでいます。MFIヒアリングデバイス(補聴器)は、このプログラムをiPhoneで変更することができます。

 

RICタイプ(リックタイプ)
補聴器の形状の名称です。(Receiver-in-canal)の略です。小型で目立ちにくく対応できる聴力も広いことから現在の補聴器業界の主力商品になっています。MFIヒアリングデバイスもこのタイプの補聴器のライップが多くなっています。
シグニア「スタイレット」
GNリサウンド「クアトロ」
スターキー「リビオ」

 

BTE(ビーティーイー)
耳かけ式補聴器の名称です。(Behind The Ear)の略です。比較的大きめの補聴器で大きめの音量が出せる補聴器になっています。made for iPhone対応のBTE型補聴器は、オーティコン・GNリサウンド・ベルトーン・シグニアから販売されています。(右側の補聴器がBTE型です)
GNリサウンド「エンツォ」
シグニア「NX(エヌエックス)」
スターキー「リビオ」

MFI補聴器をリリースしているメーカー

  • GNリサウンド(デンマーク)
  • ベルトーン(アメリカ)
  • シグニア(ドイツ)
  • スターキー(アメリカ)
  • オーティコン(デンマーク)
  • ワイデックス(デンマーク)
MEMO
GNリサウンドが先発で発売しその後スターキーが続きました。しばらく新しいラインナップが出ませんでしたが、2016年にオーティコン、2017年にワイデックスとシーメンス・シグニアが続いてリリースしやっとメーカーが揃ってきました。世界最大規模の補聴器メーカー フォナックや日本のリオネットはまだリリースしていないんですね。(フォナックはmade for Allという名前でアンドロイドにも対応する補聴器を販売しています)

耳あな式のMFI補聴器をリリースしているメーカーは?

全社ではありませんが、耳あな式(オーダーメイド補聴器)でMFI補聴器をリリースしているメーカーがございます。

  • GNリサウンド
  • ベルトーン
  • シグニア(シーメンス)
  • オーティコン

耳あな式のMFI補聴器は、通信回路を2系統搭載する必要がありMFIに対応しない補聴器より大きくなる傾向があります。

右は某社のMFI対応耳あな式、左はMFI非対応の耳あな式を装用いただいた写真です。(2枚とも同じお客様です)同じ耳型を使用してもMFI対応耳あな式は確実に大きくなります。

ではこの後、各メーカーのMFIヒアリングデバイスをメーカーごとにご紹介してまいります。

GNリサウンド:クアトロ  ベルトーン:アメイズ

MFI対応補聴器を初めて発売したのがGNリサンド/ベルトーンという補聴器メーカーです。その後進化を続け、2018年ワイヤレス充電機能を持った耳かけ式補聴器「クアトロ」「アメイズ」をリリースしました。GNリサウンドとベルトーンは兄弟メーカーでほぼ同じ内容の補聴器を別ブランドで展開しています。車に例えると「ノア」と「VOXY」、「アルファード」と「ヴェルファイア―」のような感じでしょうか。

また、GNリサンド「クアトロ」は2019年9月よりiOSだけではなくAndroidにも対応致しました。Android10を搭載するスマホの一部でワイヤレスストリーミングを使用することができます。

 

参考 GNリサウンド 耳かけ式補聴器「クアトロ」は、Androidのスマホとワイヤレス接続できるか検証してみた立川補聴器センターオフィシャルブログ

専用アプリ

  • GNリサンド スマート3D
  • ベルトーン ヒアマックス

どちらのメーカーも専用のアプリケーションをappストアよりダウンロードし補聴器の操作を行っていきます。GNリサウンドさんは「スマート3D」、ベルトーンさんは「ヒアマックス」というアプリを使用します。(どちらのメーカーもほぼ同じアプリ)

●音量、音質調整

この画面で音量や音質を調整します。あらかじめ販売店様に依頼しレストラン用、音楽用などの調整を補聴器に入れてもらい、それを切り替えて使用できます。中央の2つのタブで快適性を優先させたり、会話の明瞭感を優先させたりできます。下のバーは音量調整用のスライドバーです。

●音質調整

この画面では、販売店様で調整した補聴器をご自身でカスタマイズすることができます。低音を操作すると250Hz~750Hz、中音は750Hz~1.5KHz、高音は1.5KHz~4KHzを上げ下げすることが可能です。

下のスライドバーは雑音抑制の効きを変更する場合に使用します。

●マイリサウンド

補聴器の遠隔サポートを販売店に依頼、補聴器内のファームウエアをアップデートを行う画面です。iOSは日々アップデートしておりますのでiOSの変更と共に補聴器側もアップデートが必要になる場合があります。アップデートが必要な場合、「!」が表示されiPhoneにプッシュ通知が来ます。遠隔サポートのリクエストをタップすると販売店様に自動でメールで連絡が入り補聴器の遠隔サポートを受けられます。(あらかじめ初期設定が必要です)

ラインナップ

小型の耳あな式から重度の方向け耳かけ式、充電式補聴器まで様々なMFI補聴器を取り揃えています。重度の方向けのMFI補聴器を唯一ご提供しているメーカー様です。

RICタイプ(61、62タイプ)

PR41電池を使用する61タイプ、PR48電池を使用する62タイプの2種類があります。MFI機能を使うと電池消耗が早くなりPR41電池ですと3日以下になる場合があります。電池交換の頻度を考えると62タイプがおすすめです。

BTE(77、88タイプ)

重度の方向けBTE(98タイプ)

GNリサウンドは重度の方向けのMFI対応補聴器を「エンツォ」という名称でリリースしています。エンツォは現在3世代目となり、他メーカーはリリースしていない重度の方向けMFI対応補聴器をラインナップしています。

耳あな型

MFI対応耳あな型は大きく分けて2種類あります。一般的な耳あな型と「外マイク式」と呼ばれる補聴器からマイクを分離したタイプがあります。電池は、PR536からPR48まで選ぶことができます。(PR536はクアトロのみ対応)

 

GN・ベルトーンの特徴
  • 小型耳あな式から耳かけ式まで幅広くMFI補聴器がある
  • 重度の方向けMFI補聴器をラインナップ
  • 充電式はワイヤレス充電
  • 遠隔で補聴器を調整できる(販売店様と要相談)

シグニア(シーメンス):NX(エヌエックス)

MFI補聴器の中では比較的後発メーカーではありますが、その分他社にはないラインナップを揃えているメーカーです。シグニアは、元々シーメンスというブランド名でしたが2019年よりブランド名は「シグニア」、運営会社はシバントス株式会社になりました。また、2019年ワイデックスとシグニアは合併し、より大きな会社に再編される予定です。おしゃれで使いやすいシグニアの補聴器ときれいな音をお耳に届けるワイデックスの補聴器の合作が今後展開されるかもしれません。

専用アプリ

シグニア補聴器用専用アプリ・・・マイコントロール(※2019年12月にアップデートを予定)

マイコントロールで出来ること
  • 音量調整
  • プログラム切り替え
  • 指向性の変更(両耳装用かつ5NX以上の場合)
●音量調整

左右独立したバーをスライドすることで直感的に音量を素早く操作することができます。標準とかかれた部分をタップするとプログラム変更画面へ移動します。マニュアル指向性をタップすると指向性をご自身でカスタマイズできます。すべての操作の入り口がこの画面になります。

●プログラム切り替え

ご購入時、調整時に販売店様に依頼すれば数種類の調整を入れておき場面場面で切り替えて聞くことができます。調整に対しレストランなど名称を入れておくこともできます。

●マニュアル指向性

数あるMFI補聴器の中で唯一指向性をカスタマイズできるのがシグニアのNXです。例えば、カウンターバーで飲んでいた時、右側の方の声を聴きたい場合右に指向性を向けると右側からの声に補聴器がフォーカスします。無指向性、前方・後方だけなど使い方は様々です。また、この機能を使用できるのはシグニア5NX、7NXで両耳装用または、片耳補聴器+片耳クロスの場合に限られます。

ラインナップ

スタイレットコネクト

 

スタイレットには、「スタイレットコネクト」と「スタイレットエッセンシャル」の2種類があります。MFIに対応しているのはスタイレットコネクトです。

ピュア(Pure)

シグニアのRICタイプはピュアと上記のスタイレットの2種類があり、ピュアは充電式と電池式の2種類がラインナップされています。

モーション

通常の耳かけ式もMFIに対応しています。耳かけ式+充電式+MFI対応は他メーカー含め種類が少ないのでシグニアのモーションは非常に貴重な存在です。また、充電式はワイヤレス充電を採用していますので充電台の上に乗せるだけでかんたんに充電できます。

インシオ(耳あな式のこと)

シグニアは耳あな式もMFI対応しております。ちょっとサイズが大きくなりますが、オーダーメイド補聴器でお耳にぴったり合うMFI補聴器を作製可能です。
シグニア補聴器の特徴
  • 耳かけ式だけで3種類の形状がありMFI対応機種が豊富
  • スタイレットはお耳の裏側に負担をかけにくい超軽量設計
  • 充電式の補聴器はワイヤレス充電対応(スタイレットは接点式)
  • 耳あな式もMFI対応、カラーが選べる
補聴器の検証のため、外出時や自宅でMFI補聴器で音楽を楽しんでいます。リサウンド、フォナック、スターキー、ワイデックス、シグニアを試聴・比較したらシグニアの補聴器が最もiPhoneからの音楽がクリアーに聞こえました。※個人的な感想です イヤモールドを着けると低音も良く効いています。僕はユーロビートなどディスコ系の音楽が好きなのでシグニアは低音が良く効いてメリハリを感じました。

店長ふさむね

 

スターキー リビオ・リビオAI

アメリカの補聴器メーカー「スターキー」より2019年に発売された新型MFI対応補聴器「リビオ」をご紹介いたします。リビオには大きくわけて2種類のタイプがあります。

  • MFI対応の普通の補聴器
  • 傾斜センサー、衝撃センサー、心拍計などを搭載したAI補聴器

通常モデルが「リビオ」、センサーを搭載したヒアラブル端末が「リビオAI」とお考えください。今回はMFI補聴器のご紹介なので「リビオAI」のご紹介は別の記事で解説致します。

スターキーのMFI対応補聴器はすべて耳かけ型となり、2種類の系統があります。

スターキーMFI対応補聴器の種類

・ミューズiQシリーズ(2018年モデル)

・リビオシリーズ(2019年モデル)

ミューズiQとリビオは形状がほぼ同じですが中身は全く別物となっています。ミューズiQは2016年から販売しているミューズシリーズのマイナーチェンジ版となり、リビオは2019年に新しく発売された別シリーズです。iPhoneに例えるとミューズiQが「iPhoneXs」、リビオがiPhone11のような位置づけです。今回こちらの記事では、新シリーズの「リビオ」をご紹介いたします。

専用アプリ

スターキー「リビオ」専用アプリ・・・Thrive(スライブ)

GN、シグニアのようにアプリの簡単な解説を作ろうと思いましたが、メーカーさんが動画付きでアプリの使用方法を掲載しています。スライブの活用方法はこちらのリンクをご覧ください。

ラインナップ

RICタイプ(外耳道内レシーバータイプの耳かけ型)

リビオのRICタイプは2種類、充電式と電池式が用意されています。MFI対応補聴器はその機能を使う場合、電池消耗がかなり早くなるため充電式がおすすめです。

BTE(耳かけ型)

1列目:画像・文章などをここに
2列目:画像・文章などをここに

スターキーのMFI対応補聴器が他メーカーと大きく違う点

スターキーの補聴器(ミューズ、リビオ)には、音楽を聴くための専用調整ができるようになっています。補聴器には音楽用プログラムというモードを持たせて音楽を聴く際に最適化した調整を追加することができます。他メーカーは通常プログラムをちょっとだけ音楽用に手直ししたものを入れているのに対し、スターキーは多数の聞こえにお困りの方にテストを行い音楽専用のプログラムをゼロから開発しました。

参考 音楽を楽しむためにスターキージャパン