【ご購入後の感想】シーメンス・シグニア福祉対応補聴器「テネオ」の感想をいただきました

こんにちは、立川補聴器センターです。

暑い日がまだまだ続いております。ご体調に十分ご注意いただきご自愛ください。

シーメンス・シグニア補聴器 福祉対応補聴器「テネオ」の感想をいただきました

先日、5月にご納品したシーメンス・シグニア補聴器の総合支援法対応補聴器「テネオ」のご感想をいただきました。今まで某既製品耳あな式補聴器やオーダーの耳あな式を使用していたお客様ですがなかなか聞こえが改善せず当店にご相談に見えられました。耳あな式はハウリングに悩まされ、つけたりつけなかったり。。。

すでに総合支援法で6級を取得されていましたが補聴器の交付を受けていないとのこと、すぐに市役所と病院に行っていただきお手続きをしてもらい耳型を採取してイヤモールドをお作りしました。こちらのお客様には「シーメンス・シグニア補聴器」よりリリースされている高度難聴耳かけ型対応(福祉対応)のテネオを選定致しました。豊富なチャンネル数とワイヤレス対応、防水対応と優れた性能を持っている補聴器です。

テネオに変えられてからはハウリングもなく聞こえも良好、大変喜んでいただけました。

テネオにして良かったこと

  • イヤモールドがちょうどよい大きさで違和感がない(すいません、イヤモールドはフォナックさん製です)
  • ハウリングが全くしない
  • 騒音がある程度抑えられていてうるさくない
  • お友達やご主人との会話がしっかり聞こえる
  • 脱落の心配がなく安心して装用できる
  • 総合支援法を紹介してもらえたので出費が少なく済んだ

調整で注意した点、調整結果

  • 左耳に装用、左平均聴力が61dBですが80dBの語音明瞭度測定が煩すぎて測定できない
  • UCLを測定しMPO、圧縮比を調整
  • 処方式はバイナックスフィットではなくNAL-NL1を使用
  • 初回装用時の装用閾値は40dBHL付近にし順応し次第、スピーチバナナに装用閾値を入れていく
  • 語音明瞭度 音場裸耳60dB:5% 音場装用60dB:65%獲得 音場装用70dB:70%獲得

テネオは3bxのダウングレード版ですが、調整個所が非常に多いのでとても調整しやすいです。また標準で突発音の抑制がついておりますので「ドアを閉める音」「コップの当たる音」などを抑えることでき快適優先の調整が出来ます。総合支援法対応補聴器で当店一押しの補聴器です。試聴用デモ機1セットですが所有しておりますのでご試聴ご希望の方、お気軽に当店HPよりご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です