042-527-8555

【新製品情報】フォナック補聴器からエントリーモデル「Terra(テラ)、Terra+(テラプラス)」新登場予定?

こんにちは、立川補聴器センターです。2024年5月7日にフォナックの調整ソフトがアップデートし新機種が追加されましたのでその速報をお伝え致します。

現在わかっていること

  • 新器種の名称は、「Terra+」と「Terra」
  • 両方ともエントリーモデルの耳かけ型(詳細は後ほど)
  • 「Terra+」と「Terra」に性能差あり
  • Bluetooth搭載モデル

補聴器調整ソフトから読み取れる内容をご紹介致します。

テラ+、テラの性能差

調整する際のチャンネル数をみるとテラ+が10ch、テラが8chなので既存モデル「オーデオルミティL30」の下位モデルだと思われます。オーデオL30とテラ+、テラを比較してみました。

テラ+テラオーデオL30
バッテリー電池式のみ電池式のみ充電
Bluetooth
ロジャーダイレクト
防水防塵調査中調査中IP68
調整チャンネル10CH8CH12CH
サウンドリカバーサウンド
リカバー1or2
サウンド
リカバー1
サウンド
リカバー1or2
風切り音抑制
突発音抑制
2024年5月8日 当店調べ

オーデオL(ルミティ)30の設定画面

Terra+(テラプラス)の設定画面

オーデオL30との違いは?

フォナックのメインラインナップ「オーデオL」のエッセンシャルクラスL30と比較すると下記のことがわかりました。

  • 充電式がない
  • ロジャーが使えない
  • 風切り音抑制がない
  • テラのみ旧世代のサウンドリカバー

Terra+、Terraのラインナップ

テラ+、テラには4種類ラインナップがあります。2グレード×4ラインナップで8種類からお選びいただけます。

テラ+
RIC-312
テラ+
BTE-UP
テラ+
BTE-SP
テラ+
BTE-M
テラ
RIC-312
テラ
BTE-UP
テラ
BTE-SP
テラ
BTE-M
電池PR41(312)PR44(675)PR48(13)PR41(312)PR41(312)PR44(675)PR48(13)PR41(312)
対応聴力軽~重高~重高~重軽~中軽~重高~重高~重軽~中
形状
本体カラー4色4色4色4色4色4色4色4色
価格¥139,000¥139,000¥139,000¥139,000¥127,000¥127,000¥127,000¥127,000
2024年5月8日現在

Terra+、Terraについて考察

フォナックの補聴器は新しいモデルが出るたびに若干値上がりしており、他メーカーと比較し若干価格が高く設定されておりました。エントリーモデルは、旧モデルのオーデオMシリーズが担っておりましたがBluetoothの性能が現行モデルより劣っており、やや見劣りするモデルになってきました。Terra+はそこを補完する目的でリリースされるのではないでしょうか?(予測です)

iPhoneでいえばProがフラグシップ、無印が普及価格帯、対アンドロイドがSEという位置づけになっていますが(Youtubeを見る限り)、Terra+はフォナックではSEの位置づけになるのではないでしょうか。

補聴器調整がどうなるか、その他追加機能はないか、新しい情報が出次第アップしてまいります。Terra+の試聴器も只今緊急手配中です。ご試聴いただけるようになりましたらこちらのブログ、X(旧ツイッター)でお知らせいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。