042-527-8555

【メーカーさんに教えてもらいました】充電式補聴器の小ネタを紹介

こんにちは、立川補聴器センターです。

本日は、メーカーさんに教えてもらった充電式補聴器の小ネタを紹介いたします。

充電式補聴器の端子はマイクロUSB

充電式補聴器が各メーカーから出そろい、いよいよ耳かけ式補聴器は充電式に切り替わってきました。特にベルトーン・GNリサウンドは非接触式充電を採用し非常に使いやすいRICタイプの耳掛け式補聴器に仕上がっています。

ただ、販売店として心配なことが。。。下記写真はGNリサウンドさんの新作「クアトロ」という補聴器です。

 

 

ワイヤレス充電にしようとしましたが失敗

アマゾンでiPhoneをワイヤレス充電にするパーツを購入して、「補聴器の充電ケースをワイヤレス充電」に変更しようと思いましたがケースのサイズに合わず失敗。ワイヤレス充電用のシートはスマホのサイズに合わせてありますので補聴器のケースには形が合いませんでした。

これはいける!メーカーさんから教えてもらったマグネット式充電ケーブル

充電補聴器を販売しているメーカーさんにワイヤレス充電のことを聞いてみたら、「マグネット式の充電ケーブル」が調子よいとのこと。早速アマゾンで探して「ポチっ」、マグネット式マイクロUSBケーブルが次の日届きました。ちなみにアマゾンで購入したケーブルは1,500円ほどでした。

参考 マグネット式USB充電ケーブルアマゾン

では早速リサウンドの最新式充電式補聴器「クアトロ」に取付けして充電を試してみます。

これを補聴器充電器の充電端子に差し込みします。ちょっと固めなのでしっかり奥まで押し込み取付けします。
マグネット式マイクロUSB端子を取り付けしたらこんな感じです。サイズもぴったりでした。
充電開始!しっかり充電中のランプが点灯しました。これならケースを持って外出するときにマイクロUSBを抜き差ししないで、簡単に着脱できますね。

 

MEMO
マイクロUSBで充電するタイプの充電式補聴器は他にもあります。シーメンス・シグニア「NX チャージ&ゴー」、シーメンス・シグニア補聴器「スタイレット」、フォナック「オーデオB-R」、ベルトーン「アメイズ」などが代表的です。

シーメンス・シグニア補聴器「スタイレット」、ベルトーン「アメイズ」、GNリサウンド「クアトロ」は充電ケース自体にバッテリーを内蔵していますので充電ケースを充電しておけば外出先で充電切れになる心配が少なくなります。

 

まとめ

充電式補聴器は小さなマイクロUSBの充電端子になっており、ご高齢の方にはあまりなじみのない形状かもしれませんので若干戸惑いを感じる場合もあります。このマグネット式USBケーブルを使えば簡単に取り外しができるようになり、「充電し忘れた~」ということを防げそうです。

ちなみにフォナック、シグニアの充電式補聴器にもこのケーブルをつなげてみました。

シーメンス・シグニア補聴器「NX チャージ&ゴー」、「スタイレット」にマグネット式ケーブルを接続してみました。スタイレットは底面にマイクロUSB端子があるのでちょっと不格好です。。。
フォナック「オーデオB-R]もご覧のようにスマートに取付け出来ました。フォナックはケースにバッテリーを搭載していないので外出先で充電する際はスマホ用のバッテリーとケーブルが必要です。

今後、充電式補聴器のケースに「ワイヤレス充電」機能が搭載されるとさらに便利になりそうです。以上、本日の小ネタでした。

当店(立川補聴器センター)では、非接触式充電を採用したベルトーン「アメイズ」、GNリサウンド「クアトロ」のご試聴、貸出し用補聴器をご用意いたしました。音がクリアーになり、不快な突発音を抑えた「アメイズ」「クアトロ」のご試聴希望がありましたらぜひ当店までご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です